Posted on 木曜日, 24th 1月 2013 by admin

パソコンで作業していると時折、間違って必要なファイルやデータを消してしまう事があるかと思います。
ただゴミ箱に移動しただけなら問題ないのですが、データをそのまま削除してしまった場合「データ復旧」が必要になる事があります。
個人で使用するパソコンはもちろん、パソコンで作業するのが当たり前の業務では特にお世話になる機会もあるかも知れません。
では、データ復旧とはどのようにして行われるものなのでしょうか?
データ復旧の方法は主にく二つに分けられると思いますが、今回は個人でできるデータ復旧用の方法をご紹介します。
それはインターネットでデータ復旧用のソフトウェアをダウンロードして使用する方法です。
この場合、ソフトウェアは無料で使えるフリーウェアと有料のソフトウェアのどちらかを使用するのが一般的だと思います。
(稀に「自分でプログラミングしたソフトを使う」とか「自分でデータ領域から復旧できる」という技術を持った方もいるかと思いますが、今回は割愛させていただきます。一般の方が真似すると「更に取り返しがつかない位データが破損する」リスクが伴う為、とてもじゃないですがお勧めできません。)
一言にフリーウェアと言っても含まれる機能は様々で、中には「有料版と変わらないのでは?」と思う位の機能を持ったフリーウェアもあります。
また大抵の場合、簡単なデータ復旧ならフリーウェアで十分に修復・復旧する事ができます。
有料版のデータ復旧用ソフトウェアは、フリーウェアよりも更に機能が拡張された物になります。
店頭でソフトウェアを購入する事も出来ますが、支払い条件を満たしていれば自宅でダウンロードする事も出来るので、フリーウェアを試してデータを復旧出来なかった時に非常に便利です。
データ復旧用のソフトウェアをダウンロードする時に注意する点は「信頼できる配布元であるか確認する事」と、「ダウンロード後とソフトウェアを使用した後に、ウィルス対策ソフトでシステムチェックする事」です。
特にフリーウェアの場合、手軽に利用できるのでダウンロードする方が多いと思われます。
ですが配布ともが必ずしも「安心・安全なものである」と言い切る事はできません。
インターネット上でのやり取りになる訳ですから、中には危険性も含んでいる可能性があります。
とはいえ、大抵の場合そんな事を気にしている余裕もないでしょうし、何より配布元の事を調べるのも面倒でしょうから、レビューなどが確認できる場合はそれを読んだ上で判断するといいと思います。
その分、ダウンロードした後やソフトウェアを使用した後はしっかりとセキュリティチェックをすれば問題はないでしょう。
ダウンロードしてすぐに使用する場合は、ソフトウェアを使用した後だけでも十分です。
これらは一見必要のない面倒な作業のように思いますが、一手間かけることで使用するパソコンをウィルスや不正利用から守る事に繋がります。
特に最近では他人のパソコンに侵入してデータを破壊するウィルスやクラッカーの犯罪が増えていると聞きますので、自衛する意識が大切になります。
「データが消えた瞬間、頭の中も真っ白になった。」という表現があるように、そのデータが重要であるほど削除してしまった時の衝撃は大きいものです。
ですが焦らなくても、落ち着いて対処していけばデータはきちんと復旧できるものです。
そうなってしまった時はまず落ち着いて、フリーウェアのデータ復旧用ソフトウェアから検索してみてください。