仮想デスクトップのメリット

インターネットの環境は非常に激しく変化していて、インターネット内の技術も進歩しています。仮想デスクトップもそのひとつですが、以前はパソコンなどを購入して利用していました。しかし、最近は仮想デスクトップを利用するようになってきています。専門の業者を契約をしてクラウド上にデスクトップを作り出すことで、それを利用してビジネスを進めるという方法です。そうするとパソコンを購入することもなく利用することができます。インターネットに繋がる環境さえあれば、複数のデスクトップを作り出して活用することができます。コスト面でも購入して管理するよりも非常に安く上がります。人件費も少なくてすみ、パソコンの管理や買い替えもしなくてすみます。そのほかにも色々なメリットがあるので企業でも活用しています。クラウド化ということですが、これからもますます仮想デスクトップは利用されていきます。

仮想デスクトップ環境でのアプリ移動

windows10で実装された仮想デスクトップ環境では、複数のデスクトップ環境を同時に管理できます。タスクを同時並行に行う方にとってみれば、作業空間が拡大されているような効果が得られますので、便利と感じるシーンがあります。アプリケーションの移動を行うには、タスクビューアイコンのクリックをすることで可能です。この場合は、表示されるデスクトップの一覧表示から行うことができます。タスクビューを簡単に表示させるためのショートカットキーは、WindowsキーとTabキーの同時押しです。使いやすい方を選択できます。ここで同じアプリケーションを、二重に立ち上げることはできないのだろうか、といった疑問が湧いてきます。この場合、複数の起動なアプリケーションであれば、仮想デスクトップ間でそれぞれ同時に起動させることは可能です。

作業の効率性を上げる仮想デスクトップの魅力

ワープロソフトや表計算ソフトなど、さまざまなツールを複数起動して、相互で作業を行えることがパソコンの強みです。それを実現しているのがデスクトップですが、使うツールを切り替える度に、ウインドウの位置を見やすい位置に調整することも多々あります。しかし、仮想デスクトップのソフトウェアを導入することで、その煩雑な作業から解放されるようになります。デスクトップは本来一つだけですが、このソフトウェアを使うことで、デスクトップの数を増やすことができます。一つのデスクトップを一つのツールだけで独占して使えるようになりますから、ワープロソフトや表計算ソフトを切り替える度に、ウインドウの位置を調整する必要がなくなります。仮想デスクトップをチェンジするだけで、常に最適な配置になっていますから、パソコンで行う作業の効率性が上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*